Vitamin Candle

Online shop

Vitamin Candle

Online shop

Life Style

キャンドルと過ごす時間のご提案

自分を変えるキャンドル、キャンドルの炎、色、香りの効果だけでなく自分の時間づくりにも活躍してくれます。
朝から夜まで時間帯問わず楽しむキャンドルのご提案です。

キャンドルの扱い方

  • 安定した場所で点火

    安定した場所で点火

    風やクーラーが当たる場所でのご使用はロウが流出したり、ススが出る原因になります。近くに可燃物(カーテン、書類、本、ベッド、カーペット)など燃えやすいものからは離して点火。

  • 必ずキャンドルホルダー、プレートを使用

    必ずキャンドルホルダー、
    プレートを使用

    使い方や使用環境によってロウが漏れ出る場合があります。耐熱性の受け皿やホルダーをご使用ください。
    あふれ出した場合は一度火を消して、ロウが固まったら再度灯しましょう。

  • 炎が安定しない場合は一旦消す

    炎が安定しない場合は一旦消す

    炎から煙が出る、炎がちらつく、炎が大きすぎるなどの場合はいったん火を消します。キャンドルの燃焼システムが不安定になっています。
    冷えるのを待って芯を少し切り落としてから再度点火しましょう。

素材へのこだわり

  • キャンドルワックスの原料 (石油由来の原料と植物由来の原料の違い)
  • キャンドルの芯の素材 (燃やすと有害物質が出る芯が存在する??)
  • 香りの原料 (人工香料と植物天然精油の違い)
  • どこで製造されているか (製造者の考え方が製品に出ているとは?)
  • 安全を配慮されているか(使い方や危険についてもしっかり案内されているか、売りっぱなしじゃないかどうか)

more